茨城県立つくば看護専門学校の受験情報まとめ

茨城県立つくば看護専門学校 基本情報

 茨城県立つくば看護専門学校では、「看護職として必要な基礎的能力を培い、社会に貢献できる質の高い看護師を育成する」ことを教育理念としています。看護師として、人々に深い関心を寄せ、誠実で柔軟な対応ができる豊かな人間性を育むことを大切にしています。そして、この人間性を基盤に、個人や社会の変化に合わせて創造的に看護を実践できる人財を育成しています。

教育目標として、①人との関りを通して自己を見つめ、相手を尊重して人間関係を形成する能力を養う。②看護専門職としての責務を自覚し、対象の立場に立って倫理に基づく看護を実践する基礎的能力を養う。③科学的根拠に基づいた看護の実践に必要な臨床判断を行うための基礎的能力を養う。④健康な人から健康に問題をもつすべての人を対象に、健康の状態やその変化に応じて看護を実践する基礎的能力を養う。⑤看護の質の向上を図るために、探求心をもち主体的に学習し続ける能力を養う。⑥保健、医療、福祉システムにおける看護職・他職種の役割を理解し、他職種と連携・協働しながら多様な場で生活する人々へ看護を提供する基礎的能力を養う。を掲げています。

茨城県立つくば看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

40人

推薦入学(学校推薦・自己推薦)

選抜方法

 

午前・学科試験

数学Ⅰ(数と式、図形と計量、二次関数)

数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、小論文

午後・面接

入試日程

令和3年11月8日(月)

受験料

\6,000-

一般入学

選抜方法

 

一次試験

国語総合(古文・漢文を除く)、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、数学Ⅰ(数と式、図形と計量、二次関数)数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質

二次試験

 面接(一次合格者のみ)

入試日程

 

一次 令和4年1月5日(水)

二次 令和4年1月7日(金)

受験料

\6,000-

茨城県立つくば看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

茨城県立つくば看護専門学校受験のための学科試験対策は、茨城県にある看護系専門学校の中でも難易度は高めと言えるでしょう。とはいっても、基本的なことをしっかり学習していればクリアできるレベルとなっています。茨城県立つくば看護専門学校用の対策問題集が販売されていますのでしっかりと何度も問題を解いて間違えないようになるまで解くことが合格へのカギです。

面接対策は、聞かれやすい質問に対して回答を準備すると良いでしょう。例えば、志望動機をはじめ仕事に対するビジョンなどは明確化しておきましょう。小論文はワークを使って、書いて慣れることが重要となります。

茨城県立つくば看護専門学校を受験するためには、多くの受験生の戦いに打ち勝つつもりで学習しなくてはなりません。県立ということもあって、学費の安さと偏差値の高さから多くの受験生が毎年受験をします。国家試験の合格率も100%ですので、合格するためには学校別の問題集などをしっかりと解いて、後は落ち着いて試験に臨むことです。わからないところは何度も繰り返し、ミスを減らすようにしましょう。


茨城県立つくば看護専門学校受験対策問題集

茨城県立つくば看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。茨城県立つくば看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に茨城県立つくば看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。茨城県立つくば看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、茨城県立つくば看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。