岡山赤十字看護専門学校の受験情報まとめ

岡山赤十字看護専門学校 基本情報

岡山赤十字看護専門学校は、赤十字の理念である人道(ヒューマニティー)を基盤とし、豊かな人間性を育み、保健・医療・福祉の分野をはじめ、災害救護の現場で活躍できる基礎的能力をもった看護実践者を育成することを理念としています。近年、看護の果たす役割は大きく変化していると言えます。自ら課題を発見し、解決していく能力が必要とされ、それらの変化に対応していくことが益々重要となります。カリキュラムは1年次2年次に基礎的知識をしっかり学び、学内演習で根拠を明らかにした基礎看護技術を習得します。3年次には臨地実習で貴重な体験を通して看護実践力を身につけていきます。授業と平行して、2年次になると赤十字のナースキャップを戴く戴帽式があり、3年次には赤十字ならではの災害看護演習も経験します。学生と教員が共に学び合うことを大切に、学生一人ひとりのニーズに対応して丁寧に関わり、さまざまな学習体験を通して専門職としての自覚をもって成長できるよう支援していきます。卒業後は専門士(医療専門課程)の称号、看護師国家試験受験資格、保健師学校、助産師学校受験資格、4年生大学編入学受験資格が取得できます。

岡山赤十字看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

推薦・特別選抜(社会人)20名程度、一般20名程度

推薦入学試験

選抜方法

①国語総合(古文・漢文を除く)

②英語Ⅰ・Ⅱ コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

③面接・書類審査

入試日程

令和3年10月23日(土)

入学検定料

20,000円

特別選抜試験

(社会人)

選抜方法

①国語総合(古文・漢文を除く)

②小論文

③面接・書類審査

入試日程

令和3年10月23日(土)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

①国語総合(古文・漢文を除く)

②英語Ⅰ・Ⅱ コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

③数学Ⅰ・数学 A または生物基礎のどちらか選択

④面接・書類審査

入試日程

令和4年1月20日(木)

入学検定料

20,000円

岡山赤十字看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

岡山赤十字看護専門学校受験の対策は、学科試験対策と小論文対策、面接対策を押さえることで合格の可能性がアップします。
学科試験対策は国語と英語、生物の問題を中心に取り組むことがポイントで、学校別問題集に挑戦しながらバランス良く勉強を進めましょう。
出題傾向やポイントを知らないと効率的に対策できないので、これらの教材は必要不可欠です。
受験当日時間内にクリアできるように、制限時間を設けて模擬試験に挑戦することも大事です。
小論文対策は作文ではない小論文の書き方を理解して、試験本番でスラスラと書けるようになることがポイントです。
小論文が書けないと合格は遠のきますし、学科試験対策や面接対策が良くても小論文で落とされる恐れがあるので気をつけましょう。
面接対策は一般常識を始めとして、好印象が与えられる第一印象の対策も重要です。
面接官は最初に受けた印象を引きずるので、やはりポジティブな第一印象を残せるように要対策です。
身だしなみは言うまでもありませんが、挨拶や入室に姿についても、客観的に確認しながら対策しましょう。
面接はスムーズに、どのような質問があっても答えられるように、予想される質問をしっかりと頭に入れておくべきです。


岡山赤十字看護専門学校受験対策問題集

岡山赤十字看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。岡山赤十字看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に岡山赤十字看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。岡山赤十字看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、岡山赤十字看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。