半田常滑看護専門学校の受験情報まとめ

半田常滑看護専門学校 基本情報

半田常滑看護専門学校は昭和46年4月に半田常滑高等看護学院として設立された、愛知県の半田市・常滑市による一部事務組合立の看護専門学校です。地域住民の保健・医療・福祉に貢献できる有能な看護師を育成することを使命としています。ともに学生を育む関連施設として、主な実習施設に半田市立半田病院、常滑市民病院を位置づけており、両病院が卒業生の主な就職先にもなっています。将来一緒に働く仲間を育てるという温かい気持ちで学生を受け入れ、指導してくれる両病院で実習をしていくことによって、学生ひとりひとりが自分の将来像を思い描きながら看護を学んでいます。3年間のカリキュラムの中で、看護師国家試験への取組みも充実しています。全学年を通して各科目の授業で過去の看護師国家試験問題を使用し、また、基礎学力の確認テスト等を実施して意識を高めています。さらに、教員の専門性を活かした看護師国家試験対策講座を実施することで、毎年高い合格率を達成しています。学業以外にも、地域貢献活動や学校祭などを学生主体でおこなっており、実行委員などを中心に協力しながら楽しいキャンパスライフを過ごしています。

半田常滑看護専門学校  募集要項

令和4年度

募集人数

40名

推薦入学試験 50%程度

社会人入学試験 若干名

一般入学試験 50%程度

推薦入学試験

選抜方法

学科試験

国語総合〔古文・漢文を除く〕

面接試験

入試日程

令和3年10月30日(土)

受験料

10,000円

社会人入学試験

選抜方法

学科試験

国語総合〔古文・漢文を除く〕

面接試験

入試日程

令和3年10月30日(土)

受験料

10,000円

一般入学試験

選抜方法

学科試験

国語総合〔古文・漢文を除く〕

数学I

コミュニケー ション英語I・II

面接試験

入試日程

令和4年1月17日(月)

受験料

10,000円

半田常滑看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

半田常滑看護専門学校へ進みたいと考えている学生や、社会人の人もいるでしょう。半田常滑看護学校へ進むと医療系の資格を取得することができるので、将来性もあり安定した職に就くことができます。近年では、福祉系と看護系に進む学生が多く、結婚してからも働くことができるの人気の職種となっています。半田常滑看護学校に入りたいと思っていても、学科の勉強に不安を覚える人もいるでしょう。半田常滑看護学校を受験する時に大事なのは、早めの学科試験対策です。特に理系の勉強を強化することで、数学が苦手な人も十分に対策ができます。半田常滑看護学校を受験したいと考えている人は、学校別問題集に取り組み、数学を強化していくことが大切です。面接対策も大事です。進路指導や保護者面談で具体的なアドバイスもあるので、先生と面接対策の相談をしながら練習を繰り返すことが大切です。また、早めに小論文対策も始めておきましょう。特に作文が苦手な人は、国語の先生に添削をしてもらうなど、ワークを中心に何度も繰り返して対策をするようにしましょう。毎年同じような問題が出る傾向が高いので、繰り返し学科試験対策と、面接と小論文対策を準備すれば合格への一歩となります。


半田常滑看護専門学校受験対策問題集

半田常滑看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。半田常滑看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に半田常滑看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。半田常滑看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、半田常滑看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。