浦添看護学校の受験情報まとめ

浦添看護学校 基本情報

浦添看護学校は、「愛」「智」「技」を基盤に 人間尊重の精神を貫く看護実践ができる人材育成をしています。看護師として必要な専門的知識・技術・態度を習得して自己教育力を高め、社会に貢献できる看護人材を育てます。自己及び他者を尊重、根拠に基づいた基本的な看護援助、看護者としての倫理に基づいた行動、自己の看護観を表現できるように育成していきます。浦添看護学校は、文部科学大臣より職業実践専門課程設置校として認定されています。職業実践専門課程の最大の特長は企業との連携で、より実践的・専門的で高度な職業教育を受けることができます。臨地実習は国、県立、医療法人病院など多くの保健医療福祉施設で行い、教員は医療制度の動向をふまえて、学生の実践力を高めるために絶えず実習施設と連携を取りながら教育しています。そして、基礎からわかりやすく学べる授業で国家試験100%を目指し、経験豊富な先生方が基礎からわかりやすく時間をかけて教育します。さらに、知識を深めるため授業のフィードバックや補講も行っています。補講においては国家試験に出題されやすい内容をきめ細かく教育し国家試験対策にも万全を期しています。

浦添看護学校 募集要項

令和4年度

募集人数

定員120名

推薦入学試験

選抜方法

小論文・面接

入試日程

令和3年10月2日(土)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

国語(古文・漢文を除く)

英語(リスニングを除く)

面接

入試日程

前期 令和3年11月7日(日)

後期 令和4年2月6日(日)

入学検定料

20,000円

浦添看護学校受験対策ワンポイントアドバイス

浦添看護学校では、愛と智、技を基盤とし、人間尊重の精神を貫く看護実践ができる人材育成を行っている特徴があります。一人一人の持っている力を引き出すための充実した実習施設や、基礎からわかりやすく学べる授業で国家試験100%を目指すなど、将来看護の道に進みたいという人にはピッタリの専門学校と言えます。浦添看護専門学校を受験しようと考えているのであれば、学科試験対策をはじめとし、面接対策や小論文対策など、幅広い受験対策が求められます。入試科目は推薦入試の場合には小論文と面接、そして一般入試では国語と英語、面接が行われます。その中でもやはり受験科目に必要となる国語、数学、英語に関してはしっかりと押さえておく必要があります。特に数学が苦手な場合には、様々な問題にチャレンジすることが求められます。数学は一つの問題に対し様々なパターンで問題を出してくることがあるので、本番の試験までに一つでも多くの問題に触れておくのが一番です。国語は早い段階で作詞家や作品、ことわざ、四字熟語など幅広く目を通しておきましょう。英語は単語力と文法が大切であり、英語の試験においては長文があります。長文を読む際には分からない単語がありますが、そのわからない単語の中に分かる単語がいくつかあるだけでも、理解力はかなり変わることでしょう。


浦添看護学校受験対策問題集

浦添看護学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。浦添看護学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に浦添看護学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。浦添看護学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、浦添看護学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。