富山市立看護専門学校の受験情報まとめ

富山市立看護専門学校 基本情報

富山市立看護専門学校は、豊かな感性と多角的な視野から物事を考えることができ、人々の権利を保障することができる人材を育成することと、科学的な見方で看護を創造できる看護実践者として、社会の変化に対応でき自己啓発できる人材の育成を目指しています。そして、科学的根拠に基づいた技術、倫理に基づいた人権擁護、自己学習能力、他職種の協働、コミュニケーション能力、幅広く人間を理解する能力を養うことを教育目標に掲げています。カリキュラムは隣接した富山市民病院の医師や専門の看護師が講義をし、臨床での体験談や看護の実際について学ぶことができます。また、看護実習は富山市民病院で行われます。国家試験対策では、1年次は暗記型の学習ではなく、なぜそうなるのか疑問を持ちながら根拠を押さえる習慣が身につくよう支援します。2年次は授業での学習を、実習で生きた知識に変換し、確実なものにしていきます。そして3年次は全国模試を約10回実施し、各領域の担当教員が一人一人に合った方法で支援します。その結果、看護師国家試験の合格率は常に全国平均を上回り、県内外の数多くの医療機関に看護師を送り出しています。

富山市立看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

40名(推薦16名程度、社会人2名程度を含む)

推薦入学試験

選抜方法

1.学科試験

  ・国語総合(古文・漢文を除く)

  ・小論文

2.面接試験

入試日程

令和3年10月26日(火)

入学検定料

5,000円

社会人入学試験

選抜方法

1.学科試験

  ・国語総合(古文・漢文を除く)

  ・小論文

2.面接試験

入試日程

令和3年10月26日(火)

入学検定料

5,000円

一般入学試験

選抜方法

1.学科試験 (1日目)

  ・国語総合(古文・漢文を除く)

  ・英語Ⅰ

  ・数学(数学Ⅰ・数学A)

  ・小論文

2.面接試験 (2日目)

入試日程

令和4年1月12日(水)・13日(木)

入学検定料

5,000円

富山市立看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

富山市立看護専門学校の受験を検討している人も多いかもしれません。一般的に看護学校の受験は、勉強にブランクがある受験生も多いことから、学科試験対策に時間を取られて、面接対策や小論文対策などまで手が回らない受験生も多く見られます。しかしどんなに勉強を頑張ったとしても、面接や小論文などでつまずいてしまうと、結局は合格を逃してしまうかもしれないので、非常にもったいないこととなります。そのため学科試験対策だけではなく、面接対策や小論文対策まで、幅広い対策が望まれます。
富山市立看護専門学校の試験内容は、専門的な知識は必要ありません。一般入試の筆記試験においては、基本的には高校までで学習した英語や数学、国語が出題されることになります。筆記試験に続いて面接試験も設けられていますが、面接試験においては看護師になりたいという思いはもちろんですが、看護師を目指す明確な理由や冷静な判断力、人間性などが見られることになるでしょう。富山市立看護専門学校においても、筆記試験よりも面接試験を重視する傾向にあるので、面接の対策はしっかりと行うことが求められます。面接においては受験者の数が多ければ多いほど面接官の印象に残ることが難しくなってしまいます。自分特有のエピソードを加え、オリジナルの志望動機を語ることが重要となります。


富山市立看護専門学校受験対策問題集

富山市立看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。富山市立看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に富山市立看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。富山市立看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、富山市立看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。