館林高等看護学院の問題集はこちら

館林高等看護学院 基本情報

館林高等看護学院は看護師を養成する公立の専修学校です。館林市・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町の1市5町による邑楽館林医療事務組合が運営し、経費の80%は1市5町からの補助金で賄っています。教育理念は人間の生命と人格を尊重し、社会人としての人間形成をめざすとともに、専門職業人として看護実践に必要な知識・技術・態度を身につけた看護実践者を養成すること、また変化する社会に対応できるために、常に学ぶ姿勢を身につけ看護の発展に貢献できる人材を育成することです。そして、看護師として必要な知識・技術を修得し、豊かな人間性と自己啓発能力を養い、地域社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。カリキュラムは2年生の後半から領域別実習が始まり、臨地実習の70%は館林厚生病院で行っています。受け持った患者さんと触れ合い、看護問題を抽出し、それに基づいた看護計画を立てて患者さんが安全安楽に過ごせるような援助能力を習得していきます。国家試験合格率は90%を超え、看護師の免許を取得できれば就職率は100%です。館林厚生病院をはじめ、県内、県外のさまざまな医療機関に就職しています。

館林高等看護学院 募集要項

令和4年度

募集人数

40名(指定校、公募推薦・社会人入学含む)

推薦入学試験(指定校・公募)

選抜方法

小論文・面接(指定校は面接のみ)

入試日程

令和3年10月12日(火)

入学検定料

20,000円

社会人入学試験

選抜方法

小論文・面接

入試日程

令和3年10月12日(火)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

一次募集

・筆記試 国語総合(現代文のみ)、英語Ⅰ、数学Ⅰ

・面接

 

二次募集(二次募集は定員に満たない場合のみ実施)

・筆記試験 数学Ⅰ

・小論文

・面接

入試日程

一次募集 令和3年12月7日(火)

二次募集 令和4年1月18日(火)

入学検定料

20,000円

館林高等看護学院受験対策ワンポイントアドバイス

館林高等看護学院は、群馬県館林市苗木町にある看護学校です。入学試験は、12月中旬から1月中旬頃に出願で1次試験は1月中旬、1次試験の合格発表は1月下旬ころ、2次試験は1月下旬で最終合格発表は2月上旬に行われます。試験内容としては、1次試験が国語(古文および漢文を除く)・数学Ⅰ・英語ⅠおよびⅡ、2次試験は小論文と面接です。

学科試験対策や面接対策、小論文対策といった試験内容に特化した対策が必要になりますが、学科試験対策では学校別問題集を中心に勉強することがポイントです。現代国語では、過去問題に類をみない長文問題が出題されることもあり、その問題文の中には四字熟語が多数出現したり、難しい漢字が使われるなど漢字の勉強をしておくと良いでしょう。英語や数学は、高校の基礎程度のレベルでの出題が中心に出題される傾向があるので、数学Ⅰや英語ⅠおよびⅡの基礎をしっかり押さえておくのがおすすめです。小論文はどのようなテーマになっても焦らないこと、試験時間は90分間ですからゆっくり落ち着いて取り組むことがポイントです。面接はグループ単位で行われますが、面接官は2名で行われるようなので緊張せずにしっかりアピールすることが大切ではないでしょうか。


館林高等看護学院受験対策問題集

館林高等看護学院の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。館林高等看護学院の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に館林高等看護学院模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。館林高等看護学院受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、館林高等看護学院の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。