酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)の受験情報まとめ

酒田市立酒田看護専門学校(看護学科) 基本情報

酒田市立酒田看護専門学校の教育理念は、生命への畏敬と人間尊重を基盤に専門職業人としての高い倫理観と変化に対応できる柔軟な思考をもち、社会の幅広い領域で看護が実践できる自律した人材を育成することです。そして、人々の保健医療の向上と福祉の増進に寄与するため、看護に関する専門的知識・技術を教授し、地域社会に貢献できる有能な人材を育成することを教育目的にしています。看護の対象である人間を統合体であると幅広く理解するために柔軟な思考能力を養い、あらゆる健康課題や生活の場に対応するために、科学的根拠に基づいた看護実践ができる基礎的能力を身につけること、専門職業人としての判断力と倫理に基づいた姿勢を育てることを教育目標に掲げています。地域社会に貢献できる有能な人材を育成するため、実習教育にも力を入れています。地元日本海総合病院を主体として、地域の約30箇所の施設からの協力の下、カリキュラムの3分の1以上を学外で実習教育を行っています。卒業後は看護師国家試験受験資格、保健師・助産師学校の受験資格、養護教諭養成過程の受験資格、看護系大学への編入学の受験資格が得られます。

酒田市立酒田看護専門学校(看護学科) 募集要項

令和4年度

募集人数

推薦入学試験 10名程度

一般入学試験 20名程度

推薦入学試験

選抜方法

調査書、推薦書、小論文、面接の結果を総合して判定

入試日程

令和3年10月18日(日)

入学検定料

10,000円

一般入学試験

選抜方法

一次試験:学科試験

・国語(古文・漢文を除く)

・数学I

・英語I・II、小論文

二次試験(一次試験合格者)

・面接

入試日程

一次試験 令和4年1月21日(金)

二次試験 令和4年2月1日(火)

入学検定料

20,000円

酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)受験対策ワンポイントアドバイス

酒田市立酒田看護専門学校の看護学科を受験しようと考えていると言う方はいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、この看護専門学校を受験することは初めてだと言う方も多く、どのような対策をしたら合格することができるのか分からない方も多いでしょう。分からない方に向けて、今から酒田市立酒田看護専門学校の看護学科の受験対策ワンポイントアドバイスについて説明していきます。
まず初めに対策するべきことは、学科試験対策です。学科試験はどこの学校を受験してもやらなくてはいけないこととなっているため、頑張って勉強していると言う方は多いですが、専門学校を受験するための勉強は学ばなくてはならないことが多いです。学校別問題集を使って対策することをおすすめします。
2つ目に大切なことは、面接対策です。これは自分が今後学校に入学してからやりたいことや学びたいと感じることを伝えれば合格できるでしょう。
3つ目に大切なことは、小論文対策です。この学校を受験する際に小論文を書くことに苦戦する方は多いですが、この学校で勉強したいと考えていることを書ければ良いでしょう。


酒田市立酒田看護専門学校(看護学科) 受験対策問題集

酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、酒田市立酒田看護専門学校(看護学科)の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。