ポラリス保健看護学院の受験情報まとめ

ポラリス保健看護学院 基本情報

 ポラリス保健看護学院の学生は、集団における自分の役割・課題を見出して行動することの大切さを日々の学生生活の中で学んでいます。建学の精神「荒海孤舟北極星」、これは、看護の対象を荒海に漂う小舟にたとえ、そのような人たちにとっての、揺るがぬ道しるべとなる北極星(Polarisポラリス)のような看護職者であれ、という学生への期待を示したものです。

学院としての使命は、学生及び卒業生が専門職として看護の在り方を探求し続け、社会に貢献していく責任と役割が果たせる看護職者になるための学習支援をすることです。またポラリス保健看護学院の学生への看護基礎教育の実践に加え、卒業生及びほかの医療従事者にとっても、価値のある情報の発信や提案をする役割があります。

1998年から看護師・保健師の国家試験受験資格が得られる統合カリキュラムを採用しており、卒業時には高度専門士(医療専門課程)が授与され、大学院に進学することもできます。より高度な専門知識を身につけた医療人として活躍する道も開かれています。教育目的を人とのかかわりを通して豊かな人間性を持ち、看護専門職者として生涯を送り、社会に貢献するために必要な知識・技術・態度を身に着けた人材を育成することとしています。

ポラリス保健看護学院 募集要項

令和4年度

募集人数

40名

特別選抜

選抜方法

入試日程

令和3年11月2日(火)

受験料

\30,000-

一般選抜

選抜方法

入試日程

令和4年1月6日(木)1月7日(金)

受験料

\30,000-

ポラリス保健看護学院受験対策ワンポイントアドバイス

ポラリス保健看護学院の受験対策は、小論文対策と面接対策、そして学科試験対策が中心となります。
小論文対策は出題傾向の把握と、合格に近づく論文の書き方の理解がポイントです。
一方、面接対策はどのような振る舞いや対応が求められるか、事前に把握して対策することが大事です。
学科試験対策はしっかりと着実に、合格ラインに到達できる効率的な勉強のやり方を身につけるべきです。
小論文にしても学科試験にしても、合格しやすくなるポイントというものがありますし、それを知らなければ対策しようがないです。
つまり、ポイントを知って1つ1つ勉強で対策する、これが基本的な方針となるでしょう。
小論文対策においては、いかに説得力を持たせるかが大切ですから、ワークを参考にして、説得力が感じられる小論文を書く練習をすることをおすすめします。
面接対策は印象も肝心ですから、第一印象で好印象を与えられるようにしたいところです。
最初の印象がネガティブなものだと、その後も引きずることになり得るので、実は第一印象が勝負どころとなります。
願書も決して軽視できませんし、説得力のある志望理由も合格を左右しますから、1つ1つ着実に対策して弱点をなくしましょう。
勉強に正解はありませんが、しかし合格できる人は実感や手応えが掴めるものなので、合格に向けて自信が持てるやり方を見つけることが重要です。


ポラリス保健看護学院受験対策問題集

ポラリス保健看護学院の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。ポラリス保健看護学院の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊にポラリス保健看護学院模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。ポラリス保健看護学院受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、ポラリス保健看護学院の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。