都城医療センター附属看護学校の受験情報まとめ

都城医療センター附属看護学校 基本情報

都城医療センター附属看護学校は、生命の尊厳と人間愛を基盤とした豊かな人間性を育み、最善の看護を実践できる自律した人材の育成を目指しています。看護実践の基礎的能力を身につけ、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献できる自律した看護師を育成することを目的としています。3年間で修得しなければならないのは101単位で、基礎から専門までじっくり学べる充実のカリキュラム構成です。隣の国立病院機構都城医療センターの医者や看護師、薬剤師などから専門的な講義を受講でき、より深く学習することができます。また、演習ではデモンストレーションやグループワークによりみんなで考えながら実施します。患者にとってより安全、安楽な技術・看護を提供できるよう、演習後には技術試験も行われ、教員や看護師による指導が行われています。そのため、確かな技術と知識を身につけた上で実習へと向かうことができます。国家試験合格率は100%で受験前は十分にサポートをします。そして、ほとんどの卒業生が県内外の独立行政法人国立病院機構の病院、都城市医師会病院、宮崎県立病院などに就職しています。進学も可能で助産学校やその他の大学への編入も可能です。

都城医療センター附属看護学校 募集要項

令和4年度

募集人数

定員40名

推薦入学試験・社会人入学試験 定員の30%程度

一般入学試験 定員の70%程度

推薦入学試験

選抜方法

小論文、面接

入試日程

令和3年11月17日(水)

入学検定料

20,000円

社会人入学試験

選抜方法

一次 学科試験

・国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)

・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

・数学Ⅰ

二次 面接(一次試験合格者のみ)

入試日程

一次 令和4年1月18日(火)

二次 令和4年2月48日(金)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

一次 学科試験

・国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)

・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ

・数学Ⅰ

二次 面接(一次試験合格者のみ)

入試日程

一次 令和4年1月18日(火)

二次 令和4年2月48日(金)

入学検定料

20,000円

都城医療センター附属看護学校受験対策ワンポイントアドバイス

都城医療センター附属看護学校の学科試験は、一般入学試験も社会人入学試験特別選抜も同じ学科試験になります。学科試験は一次試験でおこなわれます。国語は、国語総合現代Bになり、古文や漢文は含まれないです。英語はコミュニケーション英語ⅠⅡ・数学は数学Ⅰになり、試験は全科目マークシート形式で出題されます。学科試験対策では、自治体別問題集をチェックすることが大切になります。出題の傾向がわかるようになるので、自治体別問題集を見ておくことは重要なことです。二次試験では、面接が行われ、一次試験に合格した者だけが対象になります。面接対策では、志望動機は必ず面接官から質問されるので、しっかり応えることができるようにしておく必要があります。面接官は医療従事者にふさわしい人材なのか人間性なども見ています。協調性があるのかどうかなどチェックしているので、意識しておくと良いでしょう。都城医療センター附属看護学校では、特別選抜推薦入学試験の場合には、小論文が出されます。小論文対策は、自分の意見をまとめてわかりやすく伝えることができる力が必要になります。テーマを素早く理解して、時間内に書くことができるように日ごろから練習しておくと良いでしょう。


都城医療センター附属看護学校受験対策問題集

都城医療センター附属看護学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。都城医療センター附属看護学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に都城医療センター附属看護学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。都城医療センター附属看護学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、都城医療センター附属看護学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。