金沢医療センター附属金沢看護学校受験情報まとめ

金沢医療センター附属金沢看護学校 基本情報

独立行政法人国立病院機構金沢医療センター附属金沢看護学校の母体は、第二次世界大戦後、最も早くに設立された新制度による看護師養成所のひとつです。国立病院機構の一員として、どのような状況においても看護を提供できるたくましい看護の実践家の育成を目指し、地域や社会に貢献でき、安全・安楽・安心を提供できる有能な人材育成と、学生が卒業後も自ら学ぶ力を持てるよう育成することを教育理念としています。「自主自学」を建学の精神とし、学校と実習先とが密に連携をとり、一丸となって学生を支援していることも特徴です。3年間の最後には、看護を行う上で欠かせない知識・技術・態度を統合し、看護実践力を高める学習をして社会に送り出すカリキュラムが組まれています。卒業後は国立病院機構金沢医療センターへの就職が最も多く、そのほか金沢大学付属病院、石川県立中央病院などで活躍している卒業生もいます。進学を選ぶ学生にも対応しているため、希望に合った道の選択が可能です。看護国家試験合格率は98%以上を続けており、常に全国平均よりも高い実績を出しています。国家試験や就職に向けて、教員はもちろん、学生同士が助け合い、支え合って日々学んでいます。

金沢医療センター附属金沢看護学校 募集要項

令和4年度

募集人数

80名

※推薦入試(地域指定制) 定員の1割程度

※一般入試 定員の9割程度

推薦入試(地域指定制)

選抜方法

筆記試験(国語・数学)

小論文

面接試験(個人)

他 調査書等出願書類

入試日程

令和3年11月15日(月)

入学検定料

20,000円

一般入試

選抜方法

英語Ⅰ・Ⅱ

(コミュニケーション英語Ⅰ、Ⅱ)

(英語表現Ⅰ)

国語総合(現代文のみ)

数学Ⅰ

入試日程

令和4年1月6日(木)

入学検定料

20,000円

金沢医療センター附属金沢看護学校受験対策ワンポイントアドバイス

金沢医療センター附属金沢看護学校は、看護師資格の取得が目指せる看護学科のある学校です。試験では一般入試では、英語Ⅰ・IIと国語総合、それに数学1の試験がおこなわれます。地域指定制の推薦入試では国語や数学の試験と、小論文・面接それに書類審査がおこなわれます。一般と推薦それぞれの入試によって科目が異なるため、学科試験対策もそれぞれに合わせたものが必要です。一般入試の英語はコミュニケーション英語Ⅰ・IIと英語表現Ⅰの科目があるので、それぞれしっかり対策をしておくことをおすすめします。国語は現代文のみとなっていますが、やはり対策が必要です。推薦入試の場合には一般入試よりも筆記試験は科目が少なく、50分間で国語と数学の試験を受けるのみですが、面接対策や小論文対策もしっかりとしておく必要があります。医療・看護系の学校の小論文に出題されがちな内容を事前に把握して、対応できるようにしておくのがお勧めです。また基本的な原稿用紙の書き方を間違って覚えている可能性も考えられるため、確認しておくようにしましょう。面接では医療看護系の学校の面接試験で聞かれることが多いものは、しっかりと答えられるように答えを考えておくことが対策になります。


金沢医療センター附属金沢看護学校受験対策問題集 

金沢医療センター附属金沢看護学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。金沢医療センター附属金沢看護学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に金沢医療センター附属金沢看護学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。金沢医療センター附属金沢看護学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、金沢医療センター附属金沢看護学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。