製鉄記念八幡看護専門学校の受験情報まとめ

製鉄記念八幡看護専門学校 基本情報

製鉄記念八幡看護専門学校は、「看護の知識を深め、技術を磨き、博愛の精神を持って社会に貢献できる人材を育成する」を教育理念に、看護に必要な知識・技術・態度を習得すると共に、社会人としての豊かな人間性を身につけ、質の高い安全な看護を提供できる看護師を育成することを目的にしています。地域でとくに必要な医療の提供を担う公益性の高い社会医療法人の製鉄記念八幡病院と同じ敷地内にあり、現役の医師や看護師も講師として教育にあたります。医療の現場で、新しい知識の習得を肌で感じ取ることができます。外部に実習に赴くための時間のロスを防ぎ、学習に集中できる環境を提供しています。そして実習指導者と学校の教員はつねに情報交換を行い、効果的な臨床実習を行っています。2年次からは国家試験対策模擬試験を実施し、問題を数多く解いてトレーニングを行います。3年次は実習により応用力および判断力の育成をはかり、国家試験の攻略対策を行います。製鉄記念八幡病院という医療現場と、多くの看護師を育成してきた経験豊かな教員陣の教育のもと、高い国家試験合格率を誇り、全国平均合格率よりもつねに高い水準を維持しています。

製鉄記念八幡看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

社会人入学試験 若干名

一般入学試験 40名(うち推薦若干名)

社会人入学試験

選抜方法

小論文・面接・書類審査

入試日程

令和3年10月16日(土)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

前期試験

・国語総合(漢文・古文は除く)、英語Ⅰ・Ⅱ、数学Ⅰ・A

・面接

後期試験

・小論文、面接

入試日程

前期試験 令和3年12月11日(土)

後期試験 令和4年3月7日(月)

入学検定料

20,000円

製鉄記念八幡看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

製鉄記念八幡看護専門学校を受験するのであれば、一般入試前期の場合は国語・英語・数学の学科試験と面接試験を受けることになり、後期の場合は小論文試験と面接試験を受けることになります。学科試験対策は各教科の苦手をなくすことを意識しておくと良いです。学校別問題集を使いながら、苦手な部分をなくしておくと安心だと言えます。面接対策と小論文対策では、看護師らしい考え方に基づいた回答が重要です。いずれも、医療従事者にふさわしい考え方があるかどうかを判断されることになる試験なので、何となく答えたり文章を書いたりしてはいけません。また、アドミッションポリシーにマッチしていることも重要なので、学校の方針に合った人柄であることをアピールできるように練習しておきましょう。どちらもワークで練習をしておくことがおすすめです。こういったポイントを知った上で受験対策を行っておくと、後悔のない受験にすることができるでしょう。


製鉄記念八幡看護専門学校受験対策問題集

製鉄記念八幡看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。製鉄記念八幡看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に製鉄記念八幡看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。製鉄記念八幡看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、製鉄記念八幡看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。