大阪警察病院看護専門学校の受験情報まとめ

大阪警察病院看護専門学校 基本情報

大阪警察病院看護専門学校の母体でもある大阪警察病院の「愛・熱・和の精神と、人を思いやり、仁の心で病める人中心の医療を提供する」という理念に則り、生命の尊厳と人類愛を基盤とした創造性豊かな人間性を養い、変化する社会の中にあって、保健・医療及び福祉の発展に寄与できる看護者を育成することを目指しています。そのために、安全で科学的根拠に基づいた高度先進医療に必要な基礎的専門知識・技術・判断力をもった看護実践者の育成を目的として、プロの看護師に必要な高度な知識と豊かな人間性を3年間でしっかり身につけます。専門的な知識・技術はもちろん、調和のとれた人間性を養う人間関係論、文化人類学、倫理学、さらにパソコンになれ親しむ情報科学など、独自のカリキュラムを編成しています。大阪警察病院のほか、大阪府内の病院、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、保育所など恵まれた実習環境が実際の医療現場での確かな自信を育てます。卒業後の進路は大阪警察病院グループにほとんど就職していますが、実習施設など他の病院へも就職しています。助産師学校・保健師学校への進学や看護系大学へ編入することもできます。

大阪警察病院看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

80名(推薦入学試験 約30名、一般入試試験 約40名

社会人入試試験 約10名)

推薦入学試験

社会人入学試験

選抜方法

一次試験 学科試験

・国語(現代文のみ)

・数学Ⅰ・A(場合の数と確率、整数の性質)

二次試験(一次合格者のみ)

・面接

入試日程

令和3年11月5日(金)

入学検定料

20,000円

一般入学試験

選抜方法

一次試験 学科試験

・国語(現代文のみ)

・数学Ⅰ・A(場合の数と確率、整数の性質)

・コミュニケーション英語Ⅰ

二次試験(一次合格者のみ)

・面接

入試日程

令和4年1月6日(木)・7日(金)

入学検定料

20,000円

大阪警察病院看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

大阪警察病院看護専門学校の一般入試は、学科試験(一次試験)と面接(二次試験)で構成されています。
学科試験は、国語・数学・英語の3教科で、国語は現代文のみ、数学はⅠ・A、英語はコミュニケーション英語Ⅰの内容となっています。いずれの科目もマークシート方式となっていますが、大阪警察病院看護専門学校の偏差値は55ほどとなっており、大阪の看護専門学校の中では高めです。したがって、学科試験対策をしっかりと行っておくことが重要となりますが、基本的には学校別問題集を繰り返し解いておくことがポイントです。学校別問題集を解くことで出題傾向を掴むとともに、時間管理の練習をしておくと良いでしょう。
また、二次試験の面接は、看護師としてふさわしくない人や入学後に辞めてしまう可能性が高い人をふるい落とすために実施されます。そのため、面接対策では、まずは看護師になりたい動機をしっかりと説明できるようにすることが大切です。加えて、看護という仕事に対してどのように考えているのか、なぜ大阪警察病院看護専門学校を選んだのか、自分自身の長所短所、将来どのような看護師になりたいのかといったことをまとめておくと、どのような質問に対してもスムーズに解答できるでしょう。


大阪警察病院看護専門学校受験対策問題集はこちら

大阪警察病院看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。大阪警察病院看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に大阪警察病院看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。大阪警察病院看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、大阪警察病院看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。