島根県立石見高等看護学院の受験情報まとめ

島根県立石見高等看護学院 基本情報

島根県立石見高等看護学院は、豊かな自然の中で感性と創造力を培うとともに、人との関わりを通して自己を振り返り、お互いの存在を尊重しながら自己理解・他者理解を深め、生命を尊び、人としての権利を尊重し、人々を思いやる豊かな心を育むことを目指しています。地域に開かれた学校として機能することにより、誰もが看護を学ぶものとして相互成長できる学習環境を整え、地域医療の向上に寄与し、特に高齢者の健康・福祉の向上に寄与するための基礎的能力を養い、地域に貢献できる看護師を育成することを目的としています。カリキュラムは、入学して卒業する間に基礎分野、専門基礎分野、専門分野Ⅰ、専門分野Ⅱ、統合分野の学習を順次積み上げていく形になっています。また、入学時から卒業までの3年間を一人の教員が学生を受け持って指導に当たるチューター制で、ひとりひとりに目の行き届いた細やかなサポートを心がけています。卒業後は専門士の称号付与と、看護師国家試験受験資格、保健師養成施設の受験資格、助産師養成施設の受験資格、4年制大学への編入資格が取得できます。国家試験は直近5年間、100%に近い合格率で推移しています。

島根県立石見高等看護学院 募集要項

令和4年度

募集人数

地域推薦入学試験 13名程度

学校推薦入学試験 7名程度

一般入学試験 20名程度

推薦入学試験

選抜方法

面接試験、小論文(学校推薦入学試験のみ)

入試日程

令和3年11月4日(木)

入学検定料

一般入学試験

選抜方法

学科試験

・国語総合(古文・漢文を除く)

・数学Ⅰ・A(数学Aは場合の数と確率)

・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ

面接試験

入試日程

学科試験 令和4年1月18日(火)

面接試験 令和4年1月19日(水)

入学検定料

島根県立石見高等看護学院受験対策ワンポイントアドバイス

島根県立石見高等看護学院を受験する場合、受験方法によって必要となる対策が違うので要注意です。一般入学試験では学科試験対策と面接対策、学校推薦入学試験では小論文対策と面接対策が必要となります。この学校は募集人数が多いわけではないので、受ける試験に応じた対策をきちんと実施しておくことが大事です。学科試験を受ける場合は国語と数学、英語の苦手をなくしておく必要があります。学校別問題集を活用しつつ、確実に解ける問題を増やしておくことが重要です。面接対策は看護学校で聞かれやすい内容を押さえておくことが大切だと言えます。将来、患者さんと接するときのことまで聞かれるケースが多いので、看護師としてのビジョンをしっかりと持っておくことが大事です。小論文対策も看護の道に進む者らしい考え方であるかどうかが問われることになるので、これを意識しながら文章が書けるようにしておきましょう。論理的な文章を書くことができるだけでなく、医療従事者としてふさわしい考え方を持っているかどうかが見られることを知っておく必要があります。島根県立石見高等看護学院の受験で合格したいのであれば、こうしたポイントを注意しながら準備を進めていきましょう。


島根県立石見高等看護学院受験対策問題集

島根県立石見高等看護学院の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。島根県立石見高等看護学院の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に島根県立石見高等看護学院模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。島根県立石見高等看護学院受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、島根県立石見高等看護学院の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。