東京都立板橋看護専門学校の受験情報まとめ

東京都立板橋看護専門学校 基本情報

東京都立板橋看護専門学校は、明治初期に傷病者増加に伴い看護婦の需要が生じたことから明治29年に看護婦養成を開始、明治32年に看護婦養成所認可を得たところから続く長い歴史と伝統に培われた学校です。東京都が運営する看護師養成機関として、都内の保健・医療・福祉施設等において、長期間にわたり、活躍できる質の高い看護師養成を責務としています。コミュニケーション能力に優れ、人間への深い理解と共感を持つことができ、安全で対象個々にあった看護を実践する看護師を育成することを教育理念とし、専門的な知識と看護実践能力、倫理観を着実に習得できるようなカリキュラムが工夫されています。国家試験の対策として、チューター制を導入するとともに、臨床講義や臨床学習、夏季及び冬季の補講などの充実した指導体制のもと、近年5年間の合格率は98%以上と全国平均を上回る高い実績をあげています。就職先は都立病院等のほか、東京都健康長寿医療センター、豊島病院など、都内の病院に幅広く就職しますが、進学の道も開けています。校舎は周辺を緑に囲まれた自然豊かな環境にありますが、東武東上線大山駅から徒歩5分と交通の便も良く、3年間豊かな学習環境で看護を学ぶことができます。

東京都立板橋看護専門学校 募集要項

令和4年度

募集人数

80名

社会人入学試験

選抜方法

第一次試験

小論文

第二次試験

人物考査(面接試験)

入試日程

第一次試験:令和3年10月3日(日)

第二次試験:令和3年10月22日(金)

※第二次試験は第一次試験合格者に対して行う

受験料

13,600円

推薦入学試験

選抜方法

小論文、人物考査(面接試験)

入試日程

令和3年10月22日(金)

受験料

13,600円

一般入学試験

選抜方法

第一次試験

国語総合(ただし古典を除く)・数学Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅰ

※マークシート方式

第二次試験

人物考査(面接試験)

入試日程

第一次試験:令和4年1月23日(日)

第二次試験:令和4年1月28日(日)

※第二次試験は第一次試験合格者に対して行う

入学検定料

13,600円

東京都立板橋看護専門学校受験対策ワンポイントアドバイス

東京都立板橋看護専門学校は人気が高く倍率も高い学校の一つであり、合格するためには他の人よりも努力をすることが必要になるかもしれません。しかし闇雲に勉強をすれば良いというわけではなく、受験に向けて時間を無駄にしないように効率良く学んでいくことがポイントです。試験は学科と面接があるので、それぞれしっかり対策しておくことが重要になってきます。学科試験対策としては、学校別問題集を中心として学んでおくことが大切になってきます。それだけではなく、基本や応用など様々な面からアプローチして学ぶようにしておきましょう。もちろん学科試験の結果だけではなく、面接の良し悪しも合否に大きな影響を与えることになるので、ワークを使い面接対策にも力を入れておくべきです。定番の質問に対する返答や逆質問に関しても考えておくべきですが、自分の意見を伝えることも大切です。小論文対策としては、ワークを使って何度も書いてコツを掴んでいくという地道な作業になり、急に上手く書けるわけではないからこそ早い段階から練習したり、対策に力を入れることがポイントとなってきます。


東京都立板橋看護専門学校 受験対策問題集

東京都立板橋看護専門学校の出題傾向を押さえた対策が取れる問題集です。東京都立板橋看護専門学校の入試情報をふまえた予想問題を取り組むことで、本試験での得点アップが期待できます。1冊に東京都立板橋看護専門学校模試が3回分収録されており、最短3日間で取り組めます。解答・解説がついていますので、自宅学習にも適しています。

看護専門学校要点解説講座では、数学、国語、英語という頻出の3分野について、最重要・頻出問題を、講師が音声で詳しく解説しています。1問5分の解説で、スキマ時間に取り組みやすくなっています。東京都立板橋看護専門学校受験対策問題集の理解がスムーズになるということで、問題集の利用者のうち8割が併用しています。

看護専門学校受験願書最強ワークでは、東京都立板橋看護専門学校の試験官に刺さる志望動機の書き方や、看護師を目指す学生としての評価されるポイントをおさえ、願書で書いたことを生かして面接で好印象を得るためのノウハウが紹介されています。